眠りを妨げられない売買をするのが大切なFX

眠りを妨げられない売買をするのが大切なFX

 

FXでは、あまり寝る前に売買をしない方が良いと思っています。なぜならそれがきっかけで、眠れ無くなってしまう可能性があるからです。というのもこの金融商品では、夜中に動くことが案外と多いのですね。それで一時期の私は、それで苦戦をしてしまった記憶があります。一時期の私は、主にスワップポイントを目的に売買をしていました。その場合は、少なくとも長期保有をする事になるので、しばらくの間は外貨を動かさないケースがほとんどなのですね。いわゆる不動の状態で、売買をする事になります。

 

それでスワップでの売買をするとなると、大きな問題点が1つ生じます。夜中を迎えた時に、ハラハラしなければなりません。というのもこの金融商品では、夜中に大きな動きが生じる事も多々あるので、それで含み損が発生してしまう可能性があります。人によっては、それで夜中に大きな損失が発生してしまう訳です。それで私は、過去に何回もそのような経験をしています。夜中に建玉を保有していると、本当に眠れませんね。自分の建玉の状況がどのようになっているかが気になって、枕を高くする事ができない訳です。

 

ですのでこの金融商品で売買をしたい時には、やはり寝る前には玉は立てない方が良いでしょう。寝る前に立てるというよりは、むしろそれをゼロの状態にしておく方が望ましいと思います。それか、レバレッジを最低限にするのが必要だと思うのですね。何せいくら動きが大きいとは言っても、肝心のレバレッジが1倍以下になっていれば、そもそも含み損などが発生しても問題無いケースが多いです。少なくともロスカットが発動される確率は、限りなくゼロになるでしょう。

 

この金融商品で売買をしたい時には、とにかく夜中に眠れるようにするのが大切だと思います。毎日のように夜に眠れなくなってしまっては、体力的にも大変だと考えられるからです。安眠できるような売買のやり方を覚えると、トレーダーとしては中級者入りしていると個人的には思います。